投稿者「管理者」のアーカイブ

VPS(仮想専用サーバー)とは自由度の高い共有サーバー!

VPSとは「Virtual Private Server」の略で、日本語では「仮想専用サーバー」といいます。

レンタルサーバーの1つで、1つのサーバーを複数のユーザーと共有して利用する点は共用サーバーと同じです。
その為、1台のサーバーを1人でレンタルする専用サーバーよりもかなり安価でレンタルすることが出来ます。

ただ、専用サーバーと同様にroot権限を付与されるので、自由にカスタマイズすることができます。

例えば、「最新バージョンのPHPとMySQLを利用したい」または逆に「旧バージョンのPHPとMySQLをインストールしたい」という場合には、
利用したいバージョンのPHPをインストールして利用することが出来ます。

つまり、共用サーバーと専用サーバーの中間に位置するレンタルサーバーと言えます。
専用サーバーと同じ感覚で利用できるのに共用サーバーより少し高い値段で利用できるので、両方の良いとこ取りですね!

ただし、自由度が高い分、必要なソフトウェアやミドルウェアを全て自分でインストールする必要があります。
例えば、WEBサイトを公開したのなら、WEBサーバー(ApacheやNginxなど)が必要になります。
WordPressを利用するならPHPやMySQLも必要になります。
FFFTPを利用するならFTPサーバーも必要になります。
メールを利用するならメールサーバーも必要になります。
PythonやRuby、PerlなどPHP以外の言語を利用したい場合もあります。

他にも様々なライブラリーが必要になることはよくあります。

これらを全て自分自身でインストールする必要があるので、手間のかかるレンタルサーバーと言えます。
もちろん、セキュリティ対応なども自身で行う必要があります。

共用サーバーの場合にはこれらは全てインストールされた状態で提供されるので、サーバー開通後すぐに利用できるというメリットがあります。

もちろん、インストールするにはそれなりの知識が必要になるので、ある程度の専門的な学習は必要になります。
その為、個人でVPSを利用する機会はほとんどないです。

価格としては、例えばサイトの規模や何をしたいのかにもよりますが、
中規模サイトを構築する程度であれば2,000~3,000円程度の価格帯のVPSで問題ないです。
一般的に中小企業レベルのサイトであれば小規模~中規模サイトなので、この価格帯で何の問題もないです。

VPSの中で人気なのは、「さくらのVPS」や「Conoha VPS」「GMOクラウド」あたりです。
他にいろいろありますが、この3つのいずれかのVPSで問題ないです。

「Conoha VPS」については以下のページで詳しく説明されています。
おすすめのVPSは「Conoha VPS」

共用サーバーとは?

共用サーバーとはレンタルサーバーの一つで、1つのサーバーを複数のユーザーと共有して使用するタイプのレンタルサーバーになります。

「レンタルサーバー = 共用サーバー」と認識している人間も多く、一般的にレンタルサーバーという場合には、共用サーバーの事を指していると考えて貰っていいです。

共用サーバーは1つのサーバーを共有して使用することで価格を安く抑えることができます。
さらに、最近では価格もかなり安くなっており、月額1,000円前後でかなり高スペックなサーバーを利用できるようになっています。
※以前は月額で2,000~3,000円くらいは掛かっていました。

また、格安サーバーというものも存在しており、月額500円以下で借りることができる共用サーバーも存在しています。
ただし、格安サーバーはかなりスペックが低くて、一部のサービスを除いてほぼ使い物のにならないのが現実です。

レンタルサーバーの種類も多く、どこのサーバーを借りればいいのか分からないという方も多いです。
そんな場合には1,000~1,500円くらいの共用サーバーを選択して下さい。

何をやりたいのかにもよりますが、例えば中小企業サイトや個人サイト、アフィリエイトサイトなどの公開で使用されるのであれば、この価格帯の共用サーバーで全く問題ありません!
有名なところだと、エックスサーバーやConoha WING、mixhost(ミックスホスト)などのサービスが有名です。

もちろん、もっと高額の共用サーバーも存在しており、月額で10,000円以上かかる共用サーバーも存在します。
私もそこまでの高額サーバーを利用したことはほとんどないですが、かなりの高スペックなサーバーになります。

一般的には、大規模サイトを公開する場合や高スペックサーバーが必要な場合に利用します。

レンタルサーバーとは?

レンタルサーバーとは、そのままですがレンタルできるサーバの事です。

大規模なシステムであれば自前でサーバーを構築している場合も多いですが、相当な費用が掛かります。
※自前で構築するサーバーは自社サーバーと言います。

その為、大手企業やかなり収益を上げているようなシステムでじゃないと、自社サーバーを構築するのは無理です。

そこで、中小企業や個人では構築済みのサーバーを借りることで、費用を安く抑えるのが一般的です。
レンタルサーバーも一昔前と比べるとかなり安くなっていて、最近では個人でも気軽に利用できるレベルにまで安くなっています。

一般的には、「レンタルサーバー = 共用サーバー」と認識されている方も多いですが、
本来は、共用サーバー、VPS、専用サーバーなどレンタルして使用するサーバーは全てレンタルサーバーです。

共用サーバー

共用サーバーは、他のユーザーと1つのサーバーを共有して利用するサービスです。
※他者と共有することで価格を安く抑えることができます。
その為、他ユーザーが何か問題を起こすと、自分が借りているサーバーにまで影響が出る可能性があります。

有名なサービスであれば、エックスサーバー、Conoha WING、さくらインターネット、mixhost(ミックスホスト)あたりになります。
これらの共用サーバーは価格も安く、かなりの高スペックサーバーで、コストパフォーマンスは抜群です。
価格は月額1,000円前後でレンタルすることができます。

専用サーバー

専用サーバーとは、1台のサーバーを一人で使用できるレンタルサーバーです。
その為、何をやってもOKで、設定も自由に変更することができます。

ただし、全て自分自身で設定を行う必要があります。
その為、例えばホームページを公開したければ、公開するために必要なソフトウェアを全てインストールする必要があります。

共用サーバーの場合には全てがインストールされた状態で提供されるので、非常に便利です。

ただし、上記でも述べたように専用サーバーは誰にも影響を与えることなく、自身で全て自由に設定することができます。
それに、専用サーバーは共用サーバーと比べるとはるかにスペックも高いので、
共用サーバーのスペックだと物足りないという方におすすめです。

因みに、専用サーバーは一人で独占できる代わりに価格も高く、最低でも月額で10,000円は掛かります。

VPS

VPSとは、共用サーバーと専用サーバーのいいとこ取りといったレンタルサーバーです。

共用サーバーと同様に1台のサーバーを複数のユーザーと共有して利用します。
ただし、専用サーバーと同じように自由に設定変更を行う権限が与えられているので、
かなり自由度の高いレンタルサーバーと言えます。

価格は共用サーバーより少し高めですが、その分スペックも共用サーバーより高いです。